当前位置: 首页 > 儿童诗歌 > 文章

李克強総理、中国経済に関する「ハードランディング」論は止めるべきだと述べ

2019-06-09

李克強総理、中国経済に関する「ハードランディング」論は止めるべきだと述べ

新華網北京3月15日中国国務院の李克強総理は15日、両会(全国人民代表大会と全国政治協商会議)の記者会見で、近年の実践に証明されたように、中国経済に関する「ハードランディング」論は止めるべきだと表した。

李克強総理は以下のように語った。

近年、中国経済が「ハードランディング」になるという声が絶えず私の耳に入ってくる。

しかし、去年、世界経済と貿易の成長率が7年ぶりの最低スピードが現れたとき、中国は依然として中高スピードの発展を保っていた。 中国経済が「ハードランディング」になれなく、我々は長期的に中高スピードを保って成長し、ミドルハイレベルまでに邁進していくことができる。

今期の政府がこれまでの四年間で実施した政策の主な成果に言及したとき、李克強総理は以下のように示した。 我々は絶えずマクロコントロールの方式を革新し、中国経済の運営を合理的な空間に保ちさせ、終始として中高スピードで発展させてきた。

四年間に渡って、増加スピードの変動幅はただの1ポイントに限られ、穏やかだといえる。 また、李克強総理は以下のように強調した。

これは強い刺激によって得られたものではなく、産業と消費のグレードアップの推進によって、経済構造の改善が新たな進展の段階を迎えた。 また、新旧エネルギーの転換を加速させることによって、経済がよい方向に向かっていく勢いも現れてきた。

更に重要なのは5000万人余りの都市部の新規雇用がもたらしてきた。 一番攻略しがたい問題に言及した時、李克強総理は依然として改革の深める方面にあるとの考えを示し、以下のように語った。

例えば行政の簡素化と権限の下部への委譲、権限の下部への委譲と管理の結合、サービスを改善するなどの改革などの問題。

権力をわがままに発揮させられないようにするために、あるべきではない権力を削除しなければいけない。 これは簡単な過程ではなく、中央政府から地方政府まで「ラストワンマイル」を通じさせるべきだ。 (新華社より)推薦記事:。